MCP

MCPとは、Microsoft Certified Professionalの略でありマイクロソフト製品に関する知識や技術を持っているということを証明する資格になります。受験するのはいわゆるITエンジニアで、プログラマーや、システムエンジニア、システムインテグレーター、ネットワークエンジニアなど幅広いエンジニアがこの資格を生かして仕事をしています。もちろんMCPがないとIT技術者に慣れないわけではありませんし、必ずしも日々の業務にリンクした内容であるとは限りませんが、就職や転職を行う時にはこうした資格を持っていると一定以上のスキルがあるという証明になりますので、企業の側も判断しやすくなるのです。世界共通の資格であり、試験内容や難易度も国によって異なるということはありません。そのため、日本でMCPを取得しておけば、海外でエンジニアとして働くことになってもそれはライセンスとして有効であり、その点も人気の資格である理由となっています。MCPといっても分野によって10以上に分かれており、サーバーやクラウド、アプリケーションなどそれぞれの試験を受けることで資格を得ることができます。試験は会場のパソコンを使って実技形式で行われ、結果は当日発表されます。分野によって難易度は異なりますので、自分が進みたい分野の試験から受けていくといいでしょう。ペーパー試験というわけではないので、参考書で勉強することはもちろん大切ですが、実際にパソコンを触りながら演習をたくさん行っておくことも合格への近道です。分野によって分かれているMCPですが、どの順番でも受験できるわけではなく、他のMCPに合格することが受験資格となるものもあるので、よく調べてから受験するようにしましょう。実際にこうした仕事に就いて、日々業務として行っている人がスキルアップとして受験する場合はともかく、素人が一から勉強して受けるにはやや難しい資格になりますので、時間をかけてテキストなどで勉強するか、専門学校などに通って効率よく勉強するのがおすすめです。