パソコン・プログラミング系資格

パソコン・プログラミング系の資格も、最近人気の資格となっています。ただし、パソコンに関する資格でも、事務で使われるオフィス系ソフトのスキルについての資格と、エンジニアのスキルを証明するプロムラミングなどの資格では、難易度も受験者層も全く違います。たとえば最近は、どんな会社でもある程度はパソコンによる事務作業が行われているので、WordやExcelなどの基本的なソフトは事務職であれば必ずと言っていいほど必要になります。もちろんその会社によってオリジナルの会計ソフトなどが使われている場合はありますが、それでもベースとなる知識としてその程度のソフトは使えることが求めるでしょう。そのこともあって、現在WordやExcelを使えるという人は多いですが実際にどの程度使えるのかは主観によって違うのが現状です。そんなオフィス系のソフトの習熟度を客観的に示すことができるのが、マイクロソフトオフィススペシャリストで、事務系の仕事をするのならば、就職の際のアピールポイントとしても使えるのではないでしょうか。一方、プログラマーやシステムエンジニア、システムインテグレーターなど、IT業界で技術者として働くのならば、MCPや基本情報技術者試験なども必要とされることが多い資格です。エンジニアを対象としていることもあって、オフィス系の試験に比べると難易度は高くなり、素人が受けるのはやや難しくなります。こうしたエンジニア系の試験にもたくさんの種類があるので実務経験を積みながらステップアップとしてより難易度の高い試験を受ける人も多くいます。必ずしも持っていないと仕事ができないわけではありませんが、技術の向上という面で資格取得を義務付ける会社もあり、通信教育や市販のテキストで勉強して受験することになります。コンピューターに関する技術は日々進歩していることもあって、こうした業界では常に勉強を続けてスキルを向上させることが大切になります。資格取得はこうしたスキルアップのよい指標となりますので、チャレンジしていくといいでしょう。