秘書検定

秘書検定にはいくつかの種類がありますが、最も有名なのは秘書技能検定で、秘書として働くときに必要となるスキルに関する試験であり、文部科学省後援のもと、財団法人実務技能検定協会が行う民間資格です。秘書というと、役員のスケジュール管理や会議のセッティングといったサポート業務をイメージする人が多いかもしれませんが、秘書検定の試験内容は、文書作成やスケジュール管理はもちろん、社会常識や時事問題などの一般知識や接遇マナーなど、多岐にわたります。実際、秘書が行う業務内容は幅広く、上司の補佐をするという立場ですから、効率よく作業をこなし、社外に対しても失礼のないように振る舞うことが求められるのです。しかも、秘書検定で問われる内容は、社会人としては知っておきたい内容ばかりですから、たとえ秘書に配属されなくても役立つことがよくあります。そのため、事務職の女性を採用する際なども、秘書検定を取得しているというのはアピールポイントになるのです。

秘書技能検定には1級・準1級・2級・3級と4つの等級がありますが、もちろん最も難しいのは1級です。基本的にどの階級からでも受験は可能ですが、ペーパーテストのみの2級3級に比べて、1級や準1級は面談が含まれるので、受験者も実務経験がある人が多くなります。合格率は3級が70%、2級でも50%程度とやや高めになりますが、準1級や1級は25%程度に下がりますのでかなりの難関です。2級までは市販のテキストなどで十分合格が狙えますが、面接が必要な順1級以上を合格するためにはやはり通信教育を受講するなり専門のスクールに通うなどの対策を取ったほうがいいでしょう。マナーや話し方などは特に面接での大きなポイントになりますから、ビデオや実際のアドバイスを元に、普段から十分な対応ができるようにしておくことも大切です。どんな業界に就職したとしても、社会人としてのマナーは大切になりますから、在学中に秘書検定を受けておいてもいいのではないでしょうか。