事務系資格

事務系にもいろいろな資格があります。そもそも、事務というのは面接などでも能力をアピールしにくい仕事です。技術職のように、「これができる」と言いたくても何がどの程度できるかを説明するのは難しく、採用するほうも、求めているレベルにあるかを判断するのは困難です。入社してから「思ったより仕事が難しかった」とか「意外と使えないな」ということにならないためにも、出来るだけ能力について正確な判断をしたいところでしょう。そのための判断基準の一つとなるのが資格です。秘書検定に合格していれば、事務業務全般とオフィスマナーについては安心して採用できますし、経理を任せたい場合には簿記検定に合格しているほうがいいでしょう。また国際会計が必要であればBATICのスコアが参考になりますし、金融機関では金融窓口サービス技能士が役に立ちます。最近では知的財産権の問題も増えているため知的財産管理技能検定というのもあり、企業によっては必要とされているようです。こうした資格はそれぞれ1級・2級と分かれていたりして、その資格の中でもランクがありますのでスペシャリストが欲しい場合には高い年棒でも1級を取得した人を採用すれば安心ですし、ある程度知識あればよいというのならば、とりあえず3級などでも資格取得のための勉強はしているのですから十分でしょう。もちろん資格がある人が実務面でも優秀であるとは限りませんが、少なくとも必要な知識を持っているというポイントは高いです。また、1級というのはどの資格でかなり難易度が高いので、それに合格するほどの勉強や努力をしてきたという点は認められるでしょう。ただし、資格を持っていても、実際の現場では実務経験者にはかなわないことも数多くあります。資格をとるのが目的になってしまうのではなく、目的の仕事に就き、キャリアアップを目指す手段として資格を利用していくというのがいいでしょう。とりあえずは自分のやりたい仕事ではどんな資格が役に立つかを調べることが必要です。