保育士

保育士になるためには、大学や短大、専門学校などで保育士養成課程を修了するか、通信教育などで勉強して国家試験に合格するという二つの方法があります。将来保育士になりたい学生が進学先として選ぶのならば、やはり保育士養成課程のある学校に通ったほうが国家試験がないぶん資格は取りやすくなります。また、4年制の大学であれば、保育士の資格だけではなく、幼稚園や小学校の教諭免許を取ることができる場合もあるので、そういった学校を選べば就職の幅も広がるでしょう。大学に4年間通う必要があるため、時間もお金も短大などに比べるとかかってしまいますが、児童心理学など子どもに関することを幅引く専門的に学ぶことができ、卒業後は児童カウンセラーなど専門的な分野に進む人も少なくありません。より短い期間で保育士の資格を取りたいという場合には、短大や専門学校で学ぶのもいいでしょう。高校卒業後2年間で保育士養成課程が修了できるので、それだけ保育士としてのスタートが早くなります。保育士は大卒と高卒で給料が変わることは少なく、実際に子供と触れ合いながら学んでいくことも多いので、小学校教諭の免許などを望んでおらず、保育園などの現場で働いていきたいというのならば、短大や専門学校などのほうが適しているかもしれません。主に主婦や社会人など、大学や短大などに通うのが難しいという場合には、通信教育などを利用して勉強し、国家試験を受けるという方法もあります。通信教育を受講せずに、市販のテキストで勉強して国家試験に合格したという人もいますから、計画的に勉強ができるのであればそうした方法もいいでしょう。実際に子育てを経験して子供の手が離れてから保育士の資格を取るという人も少なくありませんし、逆に育児の経験が役に立つ職場でもあります。保育士は資格所有者も多いのですが若い女性の多い職場だけに結婚・出産などによる退職も多く、募集は広く行われているといってよいでしょう。また保育園以外にも保育士の資格があることで就職可能な児童施設は少なくありませんから、子供と接する仕事を希望する人にとっては持っておきたい資格です。