ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、介護保険法に定められた「介護支援専門員」と呼ばれる公的資格で、介護施設などにおいては必ず必要とされる人材です。介護職の多くが実際にお年寄りなどのサポートをするのに対して、ケアマネージャーはそうしたサポートの内容や計画を策定するのが仕事で、基本的には体力仕事というよりはデスクワークといったイメージになります。要介護者からの要請を受けて要介護認定を行なったり、実際に要介護者や家族と面談を行って、どんな介護を行っていくかを提案し、介護保険や施設の利用を考慮しながら介護計画を作っていきます。医療や介護はもちろん、保険やそれに関連する法律などの知識も必要になる上、実際に要介護者やその家族、さらには行政と交渉を行うことになるため責任が大きい仕事でもあります。

ケアマネージャーになるには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、さらに研修を受けることによってケアマネージャーとしての資格が与えられます。試験の合格率は以前に比べるとかなり低くなっており現在では20%とかなりの難関ですが、この試験を受講するための資格を得るのも簡単ではありません。受験資格としては、医師や看護師、保健師、栄養士など特定の国家資格を有しているか、児童福祉施設の児童相談員や身体障害者療養施設の生活指導員などの相談援助業務の経験を持ち、それぞれ5年以上の実務経験があることが条件となります。また、ホームヘルパー2級などの資格を所有し、老人福祉施設などで介護等の業務に従事していた場合は5年以上の実務経験、資格がない場合でも10年以上の実務経験があれば介護支援専門員実務研修受講試験を受けることができます。

資格取得後はさまざまなところで働くことができ、介護保険施設や、保健福祉センター、訪問看護ステーション、老人介護施設などがその中心となります。自分で介護をするのではなく、介護を行うスタッフへの指示や指導を行うのが本来の業務であり、介護についての知識だけではなくマネージメント能力も必要とされるところです。