医療・福祉資格

医療・福祉系の資格は、その分野に就職したいというのならば取っておくのがおすすめです。実際のところ、医療事務やホームヘルパーは資格がないとできない仕事ではないので、資格取得はスキルアップや就職を有利にするためのものになりますが、看護師やケアマネージャーなどの国家資格は持っていないとできない仕事がいろいろ出てきますし、そもそも資格がないと採用もしてもらえません。そのぶん、取得も大変ですが就職の面ではかなり有利になりますので、仕事としての魅力を感じるのならばチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

医療や福祉の仕事は、基本的に人の役に立つということをベースにした仕事です。病人やお年寄り、子供など、自分の身の回りのことを自分で行うのが困難な人をサポートして、快適に暮らしたり成長するための手伝いをします。そのぶん、現場では体力的にも精神的にも辛いことはありますが、日々のやりがいもたいへん大きい仕事です。歯科衛生士や看護婦、保育士など若い女性が取ることの多い資格は、職場も若い女性が多い分結婚・出産などで退職することも多く、比較的人の入れ替わりが多い職場になるため子育てが一段落してから復帰する人も少なくありません。資格を取っておくことで、まさに手に職をつけるという意味で将来的にも仕事がしやすくなるのです。法律の整備などで産休が取りやすくなったり女性の就職がしやすくなったとはいえ、現実的にはなかなか復職しづらかったり一度退職したら次の就職先を探すのが難しいと言わる今、こうした資格を持っていれば結婚・出産後も家の近くの病院や保育所、介護施設などに再就職しやすいのも事実。そのため、出産後や会社勤めをしながら資格取得を目指す人も多く、通信教育や夜間の授業を行う学校も増えてきています。資格によって取得の方法や勉強法はいろいろ違うので、よく調べて資格を選び、その中でも自分のライフスタイルに合った取得法や勉強法を選ぶようにするといいでしょう。