調理師

調理師も国家資格ですが、国が行う試験を受けるわけではありません。調理師免許を取得するには2つの方法があり、都道府県知事が行う調理師試験に合格し、都道府県の調理師名簿に登録される方法と、厚生労働省指定の調理師養成施設を卒業して名簿に登録される方法です。高校卒業後などに調理の専門学校に通えばそれだけで取得できることが多いので、初めから料理の道を志す場合にはその方法が確実ですし、社会人でも試験に合格すれば調理師免許は取れるので、決して難関というわけではありません。ただし、実際には調理師でないと出来ない仕事というのはなくて、飲食店の厨房で働く人が全員調理師というわけではもちろんありません。学生アルバイトが厨房で料理を作っていることが多いことからもわかるように、資格がなくても料理をして客に提供することは問題ないのです。では飲食店の開業に調理師免許が必要かというとそういうわけでもなく、開業に必要なのは食品衛生責任者という資格です。食品衛生責任者は誰でもなれるわけではなくて、調理師や栄養士、管理栄養士など食品に関わる資格を持っている必要があります。その点では調理師は役に立つ資格です。また、飲食店に料理人として勤めたいという場合には、調理師免許を持っているというのはそれだけで料理の基本についての知識とスキルがあると認められますので、採用はされやすくなるでしょう。調理の専門学校などではもちろん相当時間の実習が行なわれますし、調理師試験の受験資格には実務経験も含まれるため、料理をしたことがないけれど調理師免許を持っているということはあり得ません。もちろん調理師でなくても料理が上手い人はたくさんいますが、調理師免許は基礎ができているということの証明になります。料理において、食材の扱いや下ごしらえの方法など基礎の部分はとても大切なので、料理の道に進みたいのならば取っておいて損はない資格です。ただし、フグの調理や船舶での料理には別の資格が必要になるので注意しましょう。