その他の資格

その他にも、役に立つ資格はいろいろあります。例えば「士業」などと呼ばれる資格は、かなり専門性が高いためそれだけで独立開業が出来るほどのものも少なくありません。例えば行政書士や司法書士、社会保険労務士などがこれにあたります。これらは資格を持っていないと出来ない業務もいろいろあるので、独立開業も可能ですし、企業に勤めたとしても専門職として重用されることが多いでしょう。そのぶん試験に合格するのもかなり難しく、司法試験まではいかなくても、司法書士や社会保険労務士などは何年も受験し続けてようやく合格する人も少なくありません。独学で合格するのはかなり難しいので、専門学校に通ったり通信教材を利用するなど、自分に合った方法で効率よく勉強することが必要になります。また、こうした資格は確かに独立開業も可能ですがその場合には顧客がつかないと収入にならないのでそのための営業活動も自分で行う必要があります。難しい資格だからといって、資格を取れば簡単に収入が得られるわけではありません。ただし取得後の営業活動によってはたいへんな高収入を得ている人もいるので、そのことも視野に入れながら試験勉強をしていくことも大切ですまた、ファイナンシャルプランナーなどは企業に勤めながら取得する人も少なくありません。保険や金融業界ではファイナンシャルプランナーの資格を持っていると仕事の幅が広がるため、取得を目指す人も多く、実務経験を積みながら上位の資格を取得していき、最終的には独立する人もいます。また、不動産業界では宅地建物取引主任者、通称宅建を持っていないと出来ない仕事も多いので、営業マンでも宅建取得を勧められることが多く、数年がかりで取得するという人も多いです。逆に宅建を事前に取得しておけば不動産業界への就職にはかなり有利なので、そのために取得するという方法もあります。いずれにしても、資格取得を目標とするのではなく、それをどう生かして仕事をするのかを考えて受験することが大切なのです。