ウェディングプランナー

ウエディングプランナーは特に女性に人気の仕事です。結婚式という人生で最も輝かしい日のひとつを演出する仕事であり、当日は幸せな花嫁や花婿、参列者などに感謝されることも少なくありません。また、当日までの準備期間も花嫁や花婿と一緒に素敵な結婚式になるようにプランを考え、手配を行うなどやりがいは十分。実際には無理なお願いをされたりトラブルの対応に追われることも多いので決して楽な仕事ではないのですが、それでも結婚式が成功した時の達成感は大きく、人気の職業でもあるのも納得です。ウエディングプランナーになるためには、特に資格が必要なわけではなく、結婚式場やホテルなどに就職してからプランナーとしての修行をする場合もあります。しかし、ウエディングプランナーとして働きたい、という意志を持って仕事を探すのであれば、資格を取得しておくこともプラスになります。幅広い知識が必要であり、失敗の許されないウエディングプランナーとして働く上で、少なくとも必要な知識が身についていることの照明となるからです。

現在、ウエディングプランナーの資格としては、民間資格としていくつかの団体が認定資格を設けています。人気の資格としては全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)の行うブライダルプランナー試験が有名。これは国際的な資格であり、海外挙式が増えている今、海外でのプランナー業務も視野に入れておきたい人にはおすすめの資格です。日本の団体では、社団法人日本ブライダル事業振興会(IBA)もブライダル試験や講座をおこなっています。いずれの団体も、数種類の資格を設けているので、初球の資格を取得後に働きながら上級の資格を受験するなどしてキャリアアップする人が多いようです。中には実務経験が必要な資格もあるので、就職活動と並行して勉強しておくといいでしょう。通信教育などの教材もありますが、じっくい勉強したいのであれば、専門学校に通って基礎からきちんと学んでおくと役に立ちます。