ネイリスト

現在女性に特に人気の職業とも言われるネイリスト。このネイリストにも資格があります。とはいえ、ネイリストになるために必ずしも資格が必要というわけではないので、資格を持っていないネイリストがいても不思議はありません。しかし、実際にネイルサロンで働いているネイリストのほとんどは、ネイリスト検定2級以上の資格を持っているのではないでしょうか。ネイリスト検定は、ネイリストとしての知識や技術を持っているという証明になりますので、雇う側も判断しやすいのです。検定は受けていないけれどネイルの技術はあるからネイリストになりたいという人もいるかもしれませんが、仕事としてネイルを行う場合、自分の得意なデザインだけをすればいいわけではありません。たとえ慣れないデザインでもお客さんのリクエスト通りに仕上げることが必要ですし、爪のお手入れに関するアドバイスなども求められます。ネイリスト検定を受けて資格を持っているということは、必要とされるネイルが一通りできて、しかも爪のケアに関する知識も持っていうとことになるのです。

ネイリスト検定を受けるためには、それなりの勉強や実習を行うことが必要です。ネイリスト検定は1級から3級までありますが、仕事としてネイリストになりたいという場合には少なくとも2級以上を持っておくべきです。資格取得に向けての準備としては、ネイリストを養成する専門学校で学ぶという方法がひとつ。これはネイリストとして必要な知識を講義として受講できるほか、実習も充実しているので時間とお金に余裕があればこの方法がおすすめです。もうひとつは、通信教育などでネイリスト検定対策の勉強をするという方法です。目の前で実習の見学・質問などができる専門学校に比べるとやはり実習面での不安はありますが、最近はDVDで丁寧に技術指導を行い、実際に行ったネイルの添削指導を受けられるところも多いので、通信教育とはいえ内容はかなり充実しています。働きながらや、子育てをしながらネイリストの資格取得を目指すという場合にはこの方法がいいでしょう。